“JABEE”や“JABEE認定プログラム”という言葉は、大学などのホームページでご覧になったことがあるかもしれません。JABEE認定プログラムとは、教育内容が国際的な技術者教育の基準に適合しているとJABEEが認定した大学や高専(専攻科)などの理工系、農学系の学科やコースを指します。

グローバル社会で技術者として活躍するために必要なのは、科学技術の知識だけではありません。地球的視点、社会の要求を解決する力、コミュニケーション能力、チームワーク能力、技術者倫理など総合的な能力を身につけてこそ、世界で通用する技術者になれるのです。
JABEE認定プログラムは、履修する学生が修了する際には,以下の9項目の知識、能力が身につくように教育することを保証しています。

  • (a)地球的視点から多面的に物事を考える能力とその素養
  • (b)技術が社会や自然に及ぼす影響や効果、及び技術者が社会に対して負っている責任に関する理解
  • (c)数学及び自然科学に関する知識とそれらを応用する能力
  • (d)当該分野において必要とされる専門的知識とそれらを応用する能力
  • (e)種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力
  • (f)論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力
  • (g)自主的、継続的に学習する能力
  • (h)与えられた制約の下で計画的に仕事を進め、まとめる能力
  • (i)チームで仕事をするための能力

JABEE認定プログラムを履修する学生は、このように多岐にわたる知識、能力を修得する必要があるので、勉強は大変かも知れません。しかし、実際に企業は、職業人として必要な基礎能力を備え、さらには創造的な人材を求めています。JABEE認定プログラムを修了したときには、社会や企業で活躍するために必要な知識・能力が確実に身についているはずです。JABEE認定プログラムに意欲を持ってチャレンジしてください。

また、JABEE認定プログラムの卒業生は、国家試験である技術士資格試験の第一次試験が免除され、技術者としてのライセンスである“技術士”となるための有利な道が用意されています。